着色:自宅警備員2

下書き終わった絵の色塗り開始です。



先の自宅警備員(最強萌え系)アクリル画同様、キャンバスにアクリル絵の具で着色します。



今回は、ソフトタイプのリキテックスを薄く溶いて、筆を横に動かしながら塗っていきます。



猫っぽいイラストレーター トラ猫ちゃっぴーの行動記録-背景着色



猫っぽいイラストレーター トラ猫ちゃっぴーの行動記録-背景着色後・拡大



その後、透明水彩で時々やるウォッシングみたいな感じで、水を付けた筆でこすったりして、諸々の調整をしました。



そして、乾くのを待ちます。

水が多いので、少し乾くまでの時間を大目に見ました。

しかし、アクリル絵の具出しそんなに時間がかかるわけではなかった(笑)。



次は、自宅警備員(猫)と龍のぬいぐるみの形をトレース…は無理でした(゜▽゜;)

せめて、色鉛筆じゃなくてパステルじゃないと(*´・д・)(・д・`*)ネー・・



猫っぽいイラストレーター トラ猫ちゃっぴーの行動記録-結局意味がなかった(´・ω・`)



なので、結局、違和感のない色を作って、アクリル絵の具で大雑把な形状を描く事にしました。



猫っぽいイラストレーター トラ猫ちゃっぴーの行動記録-アクリル絵の具でおおざっぱに描く事に



下地になるであろう色でもう少し具体的な形が分かるようにしておきます。



猫っぽいイラストレーター トラ猫ちゃっぴーの行動記録-モチーフの下地塗り



位置関係的に下になるであろうぬいぐるみから色を付けていきます。



猫っぽいイラストレーター トラ猫ちゃっぴーの行動記録-ぬいぐるみの形状を着色



そして、猫様も色塗り。



猫っぽいイラストレーター トラ猫ちゃっぴーの行動記録-同じく猫も



ここで絵の具が乾くのを待ちながら、猫様の毛資料画像を確認してきます。

今回描く予定の品種「ロシアンブルー 写真」で調べたら、目が緑ではなくカッパーの子が…。

時々間違えられるシャルトリューの写真でした。



体格が明らかに違う(ロシアンブルーはスリムだけど、シャルトリューは短毛種で一番でっかくてごつい)、瞳の色が違う、などの相違点もありますが、子猫は大人と瞳の色が違っていたりしますから(*´・д・)(・д・`*)ネー・・・・



猫っぽいイラストレーター トラ猫ちゃっぴーの行動記録-猫の美しい毛を描く(*´ω`)



細めの筆でハイライトを塗っていきます。

個人的にここから瞳着色の段階が大好きだったり(`・ω・´)



猫っぽいイラストレーター トラ猫ちゃっぴーの行動記録-綺麗な瞳も(`・ω・´)



我が家にいたキジトラ様に負けず劣らず美しい翡翠色の瞳を着色。

ただし、ハイライトはこれから。






猫っぽいイラストレーター トラ猫ちゃっぴーの行動記録-ペタしてにゃん

↑ペタもしてくれるとありがたいのにゃ(=^・・^=)
$猫っぽいイラストレーター トラ猫ちゃっぴーの行動記録-人気ブログランキングバナーその2小

↑(*’-‘).。oO(天使さんに免じて押してくれると嬉しいな)