自分の中に住んでいる勘違いさん

お仕事というか心構え的な物も含めて書くことになりそう。

今回の話は、原則として私自身の問題解決が主目的ですが、もしかしたら同じような悩みを抱えている方にも有用かもしれない…と思って、敢えてブログに書いています。



先日のオークションで直接絵を売るという行動で分かったのは、改めて「自分の作品は買って貰えない」という思い込みが根強いことでした。



正直言って、作品が売れることで困る人は特にいないはずです。

作品を作って売った自分自身も、作品を買ったお客様も喜んでいることでしょう。

そもそも、お客様は作品を見て、わくわくしたり、心動かされたりしなければお金は出しません。

私自身も、作品が売れた→喜ばれた=お金が入ってくる、ということで嬉しいです。



それでも、誰が困るのか考えた場合、いるとしたらやはり「自分」です。



それも所謂「本当の自分」ではなくて、後天的に生まれてきた「自我」という呼び方がされている「自分」の方でしょうね。



私自身、自分の問題解決過程で、スピリチュアル系のことは否応なしに学ぶことになったため、「自我」というものが、どんなものであっても変化することに抵抗をする事は理解しています。



自分全体にも他の人にも楽しくて多くの物を得られるとしても、「自我」とか言うのはいかなるものであっても「変化」が起こったら「自我が死ぬ」と勘違いしているとか。



今はその部分から沸いてきている恐怖心との戦いになっています(苦笑)。



ちなみに、前述のことに気づいた時は、むしろ滑稽で笑えてきました。

本当は誰も困ってないのに、勘違いに勘違いを重ねて一人で勝手に「困った~」とショートコントしている馬鹿な人みたいな感じです。



$猫っぽいイラストレーター トラ猫ちゃっぴーの行動記録-思い込みの産物



大体こんな感じ( ・ω・)?






猫っぽいイラストレーター トラ猫ちゃっぴーの行動記録-ペタしてにゃん

↑ペタもしてくれるとありがたいのにゃ(=^・・^=)
$猫っぽいイラストレーター トラ猫ちゃっぴーの行動記録-人気ブログランキングバナーその2小

↑(*’-‘).。oO(天使さんに免じて押してくれると嬉しいな)