オークションに出した作品2点:大体こんな感じ

先日から、作品を2つヤフーオークションで販売中です。

初めての試みだけあって、色々と模索中です。



その1:津波なんか食っちゃうにゃん

(↓の津波食ってる化け猫の絵なのにゃ(=^・・^=))




$猫っぽいイラストレーター トラ猫ちゃっぴーの行動記録-展示写真その1



「津波に負けちゃ駄目にゃ(゜Д゜)」

「そんなもの猫様が食っちゃうにゃ(゜Д゜)」




…という主旨の絵です。



震災後1週間後に鉛筆でラフを描いていて、半年近く経った頃、それをA4サイズのキャンバスボードにアクリル画で仕上げました。




その2:生命の息吹(瓦礫を命のエネルギーに変換してる龍と巫女様)



$猫っぽいイラストレーター トラ猫ちゃっぴーの行動記録-再生の息吹



同じく復興を祈って制作した絵です。

こっちは震災後1年くらい経ってから制作を始めました。



当時、瓦礫が大量に残っていて人手も金も足らなくて処分しきれず、被災地の方が非常に困っている…という話を聞いています。



その瓦礫を「生命の息吹」~巫女らしきお姉さんの手から飛んで行ってるあの羽根生えてるの~に変えて、みんな元気になってね(*’-‘)

…という主旨です。



お姉さんと龍×2は年賀状にも書いたのと同一で、脳内設定はあります。

形式上?お姉さんの方が龍×2に使える巫女のようなものですが、まだ龍の方がお子様なので、実態はお友達に近い感じ(笑)。



ウォーターフォード水彩用紙F8ブロックタイプに透明水彩と水彩色鉛筆で着色。

仕上げた後、A3サイズに切ってます(出展時のサイズ制限がA3&額装なので、F8では大きすぎる)。




2作品とも、落札金額の10%を「みんなのチャリティー募金」システムを通じて寄付することになっております。



さて…。

説明文を作ってる時にいくつか疑問点が出てきました。



まず、オークションのトラブル対策で、返品の可否や取引条件等の注意点を記載する必要がありますが、あまりそればかりで長くなっても威圧的な内容で見る気力を奪いそうですし、どうしたものかと(´・ω・`)



とはいえ、ある程度はきちんと書かないと、凄まじいクレイマーがいることに相違はないし、書いてさえいればトラブルにならないのに…というケースも実際にあるので、可能な限り書いております。



「ノークレーム・ノーリターン」

(出品している商品の状態は写真+文章できちんと説明しています。そして、出品物のほとんどが中古品or1つしか存在しないものだから、こういう記載をすることに。)

「落札後3日以内に連絡&7日以内の振込必須」

(いるんですよ、連絡すら全くしてこないのが┐(´-`)┌)

「無断で転載や二次利用はしないでね」

(そもそもこのブログに画像載せてますし、津波食ってる化け猫に至っては、現在twitterのプロフィール画像になってます。著作権は私に残っていて、落札した方は原画を所持する権利を買った…という意味でもあります)

…などなど…。



商品説明も、ただの説明(例:○○を描いた直筆の水彩画)にとどめるべきなのか、それとも「この絵にはこんな想いを込めたよ(`・ω・´)」という内容もきちんと書くべきなのか悩んでいます。



実際に落札されている作品を見ると、淡々とした説明と注意事項しかないんですよね。

(下手したら注意事項の方が長いんじゃないか?って人もいる)






猫っぽいイラストレーター トラ猫ちゃっぴーの行動記録-ペタしてにゃん

↑ペタもしてくれるとありがたいのにゃ(=^・・^=)
$猫っぽいイラストレーター トラ猫ちゃっぴーの行動記録-人気ブログランキングバナーその2小

↑(*’-‘).。oO(天使さんに免じて押してくれると嬉しいな)