そうか…別に思ったことそのまんま言ってもいいのね

実は、7月に心理テストを病院で受けてきて、

その結果に「他人の顔色を伺う傾向が強く」

「他人から求めているものに過度に答える傾向が強い」と言われました。



確かに、幼少時代から人が怖くて(正確には嫌われることで攻撃を受けるのが怖くて)

とにかく人様の顔色を伺う毎日でした。



なんといっても家族からして、ある時突然キレることも珍しくなかったし、

学校にいたっては魑魅魍魎が徘徊してるようなところだったので、

当時の私としては、立派な護身方法だったと思われます。



しかし、今そんなことをしたところで、むしろ困る事態になっています。

もう自分の好きな様に人生を歩いても誰も文句をいう人がいないのに、

(最低限、母がそばに居ても言わせないようにすることが出来るようになった)

未だに人が怖くて仕方がなくて、自分を見失ってしまうようになりました。



…というのを以前から購読していたメルマガの話を読んで思い出したのでした。



だから、もう好きな時に、好きな事をブログに書くことにしました。

当面は読者登録云々より、文章を書いたり絵を描いたりすることに専念します。

(ブログの中では)



まあ、流石に自分に不利益な内容を無駄に書くことはしませんが。

不利益と思われる内容を書く際は、せめてその結果どうなるのかを

少しは想定し、想定していようがいまいが、

その結果を受け入れる覚悟だけは必要ですね。