【FFXIV】落書き:ログアウト時に転がってベッドに入っていくララフェル

猫っぽいイラストレーター トラ猫ちゃっぴーの行動記録-宿屋でゲーム終えるときのイメージイラスト



最近の暑さで塩気が恋しくなり、

よくポテトチップスや煎餅を食べるようになった今日このごろです(=^・・^=)



あ…体重は減ってきてるので大丈夫ですよ?



とある方経由で参加させていただいているプロジェクトが

いい感じに動いているのを知ってテンションが上がっている中、

それとはぜんぜん違うかもしれない話題を書こうとしている自分(笑)。



明日には届くであろう、

そして正式サービス開始するであろうFFXIVについて

書いてみようと思います。



あれは確か2010年?

既に大手でしかもFFXIがヒットした会社が出すってことで、

私自身もすごく期待していたFFXIVですが…。



そっち系に関心のある方なら御存知の通り、

目を覆いたくなるほどの酷い出来で、

大失敗としか言いようがないものでした。



評価できるところと言えば美麗なグラフィックだけ

というくらいに酷かったです(´・ω・`)



その後、2012年でしたか、1から作り直すよ!

という話になり、その作りなおしたFFXIVが

8月27日に正式サービス開始となりました。



まあ…前の14さんの出来が酷すぎる上に、

今プレイしているFFXIも3月の「アドゥリンの魔境」の出来が酷いので、

正直言って全く期待していませんでした。



それでも、FFXIの知り合い経由で

「新しい方の出来は悪くはないようだ」と聞き、

駄目元でβテストに応募しました。



そして、7月中旬のβテストフェーズ3をプレイできるようになりました。



あの悲惨すぎる14さんではありませんでした。

インターフェースやシステムがだいぶわかりやすくなり、

他のMMORPGをやってれば直感的に分かる程度になりました。



猫っぽいイラストレーター トラ猫ちゃっぴーの行動記録-FFXIVのスクリーンショット1



猫っぽいイラストレーター トラ猫ちゃっぴーの行動記録-FFXIVのスクリーンショット2



FFXIで「こりゃ駄目だろう、改善しろよ!」という部分

例えば、パーティーの組みづらさ、インターフェース周りは

非常によくなっています。

(ちなみにFFXIもインターフェース改変予定ですが…

見てる限りでは「どうしてこうなったorz」レベルです…)



世界観も、古い方では見事に感じられず見えなかったのですが、

新しい方は、良い意味で過去のFFの雰囲気を継承しています。

(イベントムービー時はスクリーンショットを取れないのが残念)



あれほどの出来なら、過去の残念すぎる「レガシーなFFXIV」を

払拭できそうですね。

あとは正式サービス後の運営&開発サイドとユーザー次第でしょうか。



ああ…FFXIで生まれた、必要以上のジョブ縛りや装備縛りは

あまり持ち込むなよ(´_ゝ`)?



\(・_\)ソノハナシハ(/_・)/コッチニオイトイテ



以上の状況で思ったこと。



あれだけこけたら(収支的にも悲惨な結果だったと聞いています)

もうだめだと思って、さくっと開発打ち切っても良いレベルですよね。



それを開発続行に持ち込ませて(経営サイドを熱心に説得したのかも?)

高いクオリティの作品を作るのって、かなりの根性と情熱必要だよね、と。



特に株主サイドからはバッシング→株を手放しても良いレベルのはずです。

それやられたら資金も厳しくなるはずなんです(´・ω・`)

昨今のゲームは特に開発でもお金かけてるだろうから。



ユーザーの酷評を受け入れて、1から作り直すのも勇気が必要ですし。

そんなわけで相当量の情熱を注いで作りなおしたであろうFFXIV、

中の人の時間や目標の優先順位と相談しながら、ゆっくりと楽しんでいく予定です。



まあ要するに…結論を書いてしまうと、

安西先生は正しいことを言っているわけですね。



どこから出てきたんだ!?

というツッコミはなしです(笑)。



「あきらめたらそこで試合終了だよ」



(。_。)ウンウン

本当に名言ですよねこれ。



ずっとやり続けることと、努力の方向が間違ってたらちゃんと修正する、

非常に重要ですね。



自分自身、すごく小さな変なところで心折れることがあるので、

なんでその行動をしているのかしっかりと思い出しながら、

諦めず根気強く行動していきますか(゜Д゜)



一人と一匹で悠々自適の生活しながら絵の制作をするなど、

実現したいこといくつもありますから

(*´・д・)(・д・`*)ネー