変猫チャッピー様(1) 厳選された粒あんじゃなきゃ嫌だにゃ!

先月、メルマガで送った天才なチャッピー様のネタをブログに転載します。
※これを書いたのは9月25日です。その点にご注意を(笑)。




今回は、ただでさえ偏った食の好みを示す猫様の中でも、
特に謎が多い我が家のチャッピー様のお話でも書きますか。

さて、連休が入ると、曜日の感覚の狂い方が更に増す猫っぽい人です。

そして、今月は敬老の日と秋分の日ですか。
秋分の日と言えばお彼岸です。
お彼岸といえば「厳選されたつぶあん入りおはぎ」です。

ただし、私が食べるのではなく(あんこ入り和菓子が苦手なので…)
キジトラのチャッピー様がお食べになります

「猫」なのに(笑)。

しかも、こしあんや安物のおはぎには全く関心を示しません。
その上、「厳選された十勝産の粒あん」だけ食べます。
おはぎに必須の材料である米は食べません(!)。

何故、つぶあん入りおはぎに興味を示したのかは、
チャッピー様ご本人があちらに旅立たれて6年以上たった今でも
全くもって分かりません。

そんなわけで、お盆・お彼岸の時には、必ずチャッピー様用に
「厳選されたつぶあん入りおはぎ」が仏壇に供えられます

親父と一緒に食べているんじゃないかとおもいます。

この厳選されたつぶあん入りおはぎ以外にも、
チャッピー様の食べ物の好みは謎が多すぎます。

基本的にお行儀が良いチャッピー様は盗み食いなどしません
しかし、例外が1つだけあって、「辛口の鮭」を焼いたものだけは、
喜んで食いつきます


通常なら、思い切り人間の家族に怒られると思います。

チャッピー様が盗み食いをすると珍しがられて、

家族に怒られるどころか「チャッピーが珍しく猫してる!」
と喜ばれるだけ


というオチもあります。

元々猫に決まってるじゃにゃい!
…という抗議が聞こえてきても気にしない方向で。

ちなみに、「甘口の鮭」には関心を示しません。
そもそも猫という生物は塩分を必要としないんじゃなかったっけ???

崎陽軒のシウマイ弁当なるものには、マグロを焼いたものが入っています。
それもチャッピー様の大好物でした。
しかし、これまた塩辛い食べ物です。

猫様は基本的に、味より匂いで食べられるかどうかを判断するというので、
もしかしたら、塩辛い食べ物はチャッピー様好みの匂いなのかもしれません。

その他にも変なところが幾つもあって、
ほとんどの猫がまっしぐらな「鶏のささみ」には全く興味を示しません

「あれは猫様大好物だから!」ということで、
チャッピー様幼少時代に鶏のささみを茹でてあげたのですが、
結局食べてもらえず処分したはず…。

ほとんどの猫が匂いだけで大興奮する焼き魚にも無関心です。
唯一の例外は先に言った辛口の鮭のみ(笑)。

どうすればこうなるんでしょうか(・ω・)?
ご存じの方がいれば教えていただきたいくらいです(・・;)

チャッピー様の謎シリーズは、次回にも続きます。
それくらい変猫ってことです…。

猫っぽい人からの手紙・メールマガジンはこちらから登録にゃ
↑の猫ボタンクリックでメルマガ読者登録できるにゃん♪
ブログの続きだったり、深くつっこんだ内容だったり、限定の画像素材ついたり。
(=^・・^=).。oO(ランキングクリックして欲しいにゃぁ…)
↑(*’-‘).。oO(誰かモフってくれないかにゃー)