表現すること・人間と関わること・仲間の重要性

こういう曇ってて涼しい日は、10時間でも12時間でも寝られそうな猫っぽい人です。

そろそろこういう方向性のエントリーもあっていいだろうな…と思って(・ω・)
私がなんでブログやってるのか?」の主要な理由の一つでもあるので、
書いておくことにしました。

これから書くことを意識するのとしないのとでは、
ブログまたはSNS・メルマガなど人との交流を通じて
人生の選択肢広げられるタイプの媒体に対する
可能性の感じ方、やる気、会える人の質が違ってくる
と思ったので。

もう一つの理由はもちろん楽しいからですけどね(「・ω・)「

さて、私の人生もあなたの人生も、オンリーワンなので価値があります。
言っている内容自体は、いつか誰かが言ったことであっても、
その言ったことに対する理解の仕方は、人生の経験を通じてひとりひとり違ってきます

そういう「自分ではない誰かの視点」を通じてみた世界そのものが、
「へぇ…こういう考え方もあるんだ。面白いね♪」といった感じで
私達の世界を広くしていきます。

しかし、それを文章でも絵でも会話でも動画でもいいから
何らかの形で表現しないと誰にもわからないので、
存在しないも同然です。

このブログを読んでいるあなたが
私(=トラ猫ちゃっぴー)を見て

(´-`).。oO(そうそう、この人猫バカなのよね)
(゜Д゜).。oO(ペンネームが以前一緒に暮らしてたキジトラの名前なんですって。本当に飼い主バカよね)
(´_ゝ`).。oO(この人のお母さんは猫ババらしいわよ。猫バカって遺伝するのね)


…と思ったとしたら、それは私が日頃からブログなどで、猫バカ・飼い主バカぶりを表現しているからです(`・ω・´)

あるいは
(・ω・).。oO(この人オタクらしーよ。ネットゲーム大好きなんですって)
(´・∀・`).。oO(こいつは猫とゲームと絵描きさえあれば幸せらしいぞ)
(「・ω・)「.。oO(猫の絵を描く人???)


…と思ったかもしれませんが、それまたやはり日頃からそういうことを言い続けているからです。

さて、私はなんでこんなことしているんでしょうかね(・ω・)?

それは…………

私が理想としてるライフスタイルを実現するため。
また、そんなライフスタイルを一緒に謳歌できる仲間がほしいからです(‘∇’)


で、私はどうやってそういう方法を知ったのか?

実は、とあるブログを見つけたことがきっかけでした。

当時、自分の人生の選択肢を大きく狭めている原因と考えていた
幼少時代のトラウマを克服するため、
心理学的な内容やスピリチュアルに関する勉強をしていました。
その中で一つ、すごく興味を惹く(その手の分野の中ではかなり)
変わった内容のブログ
がありました。

その当時、その方はまだ会社員だったと記憶していますが、
後に、月収数百万単位の収入を安定して得られるようになり、
しかも、価値観の合った素晴らしい仲間に囲まれて、
自由な毎日を送っています。

Σ(゜Д゜).。oO(ああ…金と自由と仲間と好きな仕事って両立できるのか)
…と感激したものです。

今は少しずつ変わってきている気がしますが、当時のスピリチュアルな人たちって
現世の話・お金の話・ビジネスの話を避ける人が多かったんですよね。
悪い言い方をすると「頭の中がお花畑」な人たちが多かったんです(´・ω・`)

中には、ちゅーにびょー的な「邪気眼設定」を笑えない次元の人もいるんですよ…orz
以前、「アセンション」を扱ったブログで、
そんな邪気眼設定顔負けの凄まじいのを見たことが…(笑)。

\(・_\)ソノハナシハ(/_・)/コッチニオイトイテ

その方が話されていた「ビジネスとスピリチュアルを結びつける考え方」がとても新鮮で、
なおかつ、当時の私が悩んでた仕事に関する面でも、
打開策になりうる内容があったので、強く興味を持ちました

その後、その方が出したオーディオセミナーを購入させていただき、
購入者用のコミュニティ(Facebookグループ)に入れていただきました。

とはいえ…私の場合、先天的な障害に人間関係での致命的なトラウマやらなにやらで
所謂「土台の部分」が腐ってたため、成長が非常に遅いです。
同じコミュニティに入った方の中では、既に成果を出している方も多数います。

ちなみに私は、以前のエントリにも書いたように、
自閉症やら何やらを抱えているため、俗にいう「コミュ障」です。
(つまりコミュニケーションをするのに支障をきたす人ってことですね)

空気を読めない、人の意図も気持ちも読み取れない、
人の言うことは字面通りにしか捉えられない、
…ってことは人に騙されやすいし誤解も多い、
だから人間そのものが怖くて信用出来ない
という、なにこれ酷いレベルの重症さ加減です。

そんな人なので、本来なら、
いくら興味を持っている人からだとはいえ
「(特定の人限定の)コミュニティ入りませんか?」

…なんて言われたら、高確率でガン無視確定です。
ガクブルしながら見なかったことにします。

けれども、私頑張りました(゜Д゜)

ガクブルしながら、「実名怖いよ~~~」と思ってたFacebookに登録して、
その方にFacebook初の友達申請して、誘っていただいたコミュニティに入れていただきました。


本当、この時の決断が今の自分にとって大きな助けとなっています。

最初は、所謂ROM専(み~て~る~だ~け~ By 某CM)でした。
ある日、これまた勇気を持って相談したり、コメントを書いたりしたら、
「いいね!」を押していただいたり、誠実なコメントを返していただいたりしました。

多分、母親との関係じゃなかったかな。
最初に相談した内容って(うろ覚え)。

しかも、単なる馴れ合いではなく、真摯に考えた上で、時には厳しく、時には暖かく
アドバイスを下さったり、応援してくださったりしてくれました


以前から、漠然とそういう感じの仲間がほしいなぁ…と思ってはいました。
しかし、こんな自分ですから「99.9%ありえねー」と思ってました。
それが、ほぼネット上限定(今のところ)で、腹を割って話せる仲間が見つかったんです。

とはいえ…まあ、それを強く実感して感謝できるレベルになるまでが
大体1年は余裕でかかっているんですけどね…(´;ω;`)

やっぱり、どんなに好きな人、価値観合う人であっても、
「過去の亡霊」から解放されるのが難しかったんです。
怖くて仕方がなくて、なかなかこちらから近づけなかったです。

ある意味で開き直って、可能な限り(馬鹿丸出しで)コメント返したり、
ブログ見に行ったりして(KYな)アプローチを始めたら、
「そりゃあ…そうか…同じコミュニティに集まってくるよね?」
…と(自分で勝手に)納得したものです。

よかったね!
類は友を呼ぶって本当だったよ(*´ω`)

結論:
自分が思い描く理想を実現してる人がいたら、
その人の仲間になってしまうと、
良い仲間に出会うことが出来る。


更に、自分の人生もそういう人たちから影響を受けて、
自分みたいなタイプの人間でも、少しずついい感じに変わっていく


だから「この人ならいい仲間になれそう」と思ったら
「スライムは仲間になりたそうにこちらを見つめている」
…という感じで見つめるだけではなく、
「僕と契約して魔法少女になってよ!」
……じゃなかった
「仲間になってよ!」と積極的に関わるのが吉ですにゃ(「・ω・)「

猫っぽい人からの手紙・メールマガジンはこちらから登録にゃ
↑の猫ボタンクリックでメルマガ読者登録できるにゃん♪
ブログの続きだったり、深くつっこんだ内容だったり、限定の画像素材ついたり。
(=^・・^=).。oO(ランキングクリックして欲しいにゃぁ…)
↑(*’-‘).。oO(誰かモフってくれないかにゃー)