孤独と向き合うこと・付き合う相手を選ぶこと

最近、暑かったり寒かったりして、眠気が当社比5倍になっている
猫っぽい人です(´-ω-`)))コックリコックリ。。 寝落ち( ̄□ヾ)ファー

カフェイン無しで目を覚ます方法が知りたい今日このごろです。

ところで、アメブロって放っておいても芸能人のブログで
話題のエントリを抽出してくれますよね。

その中でまれに見るレベルで「自分が呼ばれた気がする」エントリを発見しました。

http://ameblo.jp/kie-kitano/entry-11659870157.html

それだけ、強く共感したわけです。
孤独でいつづけるのって、意外と楽じゃないですね。

一人でいたい気持ちと、誰かにわかってほしい気持ちの葛藤。
誰か一人くらい自分を受け入れてくれる人がいるだろうって思いと
どうせ誰も分かってくれないだろうという思いのぶつかり合い。

いっつも葛藤で一杯、なんか苦い青春みたいな(´・ω・`)?

特に学生時代は「狭いコミュニティ」に閉じ込められてしまうので、
そんな中でも自分の軸や可能性を見つけなければ、
孤独な人間は、孤独自体に押しつぶされてしまいかねません


とまあ、そういうわけで、修学旅行や臨海学校、体育の授業でお約束の
グループ分けは大の苦手でした。
なぜかって言うと、私も必ず余る方になるからです。

余る方になったらどうなるかというと…。

ただ気まずいだけです
気まずい上に、刺さるような視線の追い打ちがおまけについてきます。

で、なんでいつも余る方なのかって言うと、
クラスメイトのほぼ誰とも気が合わず、一人でいるのが多かったから。

今思い返すと、あんな奴らと同じ空気を吸うのも嫌…と思っていたんですけどね。
とにかく興味の方向も、考え方も、見ている世界も違うから、
「親しくしようにも絶対無理!」だと思っていました。

けれども、狭いコミュニティですから、こんな連中であっても仲が悪くなったら大変です。
いじめという非常に過酷な危険と戦うことになってしまいます。

だから、「社会的に」生き延びるためだけに、嫌々付き合うようにしていましたが、
自閉症の人間に、社交辞令的な何かをすることなんて期待するだけ無駄です。

※ある程度の、その人なりの「護身術」を身につけることは出来ますが。

結局、どうあがいてもいじめられたので、
むしろ「社会的な死」と「自分という存在の死」が近づいた気がします(´・ω・`)

そうそう…!
幼稚園時点で一人の男子を取り合う「発情期」女子って
普通にいるものなんですかねぇ…(´д`)?

そういう人間と関わるのが特に苦手だったんですよ。
つまり、酷い目に遭わされたわけですよ(゜Д゜)!

そういう奴って、ちょっと目当ての男子とさりげない
(当然恋愛感情などない)言葉をかわしただけで、
しつこく攻撃しやがりますしねぇ…orz
そんなシチュエーションって、どこかの少女漫画にあったような気がします。

ソンナオンナハキエテシマエバイイノニ…。

\(・_\)ソノハナシハ(/_・)/コッチニオイトイテ

私は、今も昔も一人でいる時間が必須な人間です。
一人でいるなというのは余計なお世話です。

うちの母親はおせっかいにも、無理やり友達作らせようとしていましたが、
私には単なる生き地獄でした。
せめて「盛り」が来てない「人間」とお付き合いしたかったです。
できたら猫様と。猫様なら盛ってても許す。

それと、修学旅行くらい、一人で入浴や睡眠って贅沢なんですかね(笑)?

同級生共は本当どーしょーもないことにばかり興味を持つから、
風呂に入るのすら地獄なんですよ。

胸の形や大きさ、身体のラインや肉付きを気にするのは、
女性の絵を描くときくらいにしたいです。

ワルカッタネ ニクヅキオオメノヒンニュウデヽ(`Д´)ノ

(´-`).。oO(あ…でも絵を描くときは切実だからこだわります。)

あと、寝る時くらい静かにして欲しいです。
君等のよく分からん遊びに付き合いたくないです。
疲れたからさっさと寝たいです(´д`)
ましてや野郎なんか連れて来ないでくださいよ、全く…。

そんな学生時代だったので、今が幸せで仕方がありません(`・ω・´)
だって、学生時代と違って好きな人とだけ付き合えますしね
一人でいたいときは一人でいられますし。

会社に入ればちょっと事情が変わりそうだけど、
自由業に関しては幾らかのリスクを受け入れれば可能です。

むしろ、本気で関わりたい人とだけ関わっている人のほうが
仕事がうまく行っていて充実した毎日を送っているように思います


もちろん、関わる相手を選ぶリスク
(望まない結果が生じる可能性・例えば一時的に収益減ったり…とか)
を受け入れる、自分の選択に責任を負う必要・覚悟を保つ必要はあります
けどね。

もっとも…私の場合、学生時代の人間関係で受けた精神ダメージが半端無かったため、
人間関係を構築する勇気を持つまでに、非常に長い時間がかかっていますが。

さて、これじゃあ、文章が訳ワカメになりつつあるので要点をφ(..)メモメモ

どうせ学生時代のコミュニティなんて狭いんだから、
孤独になってる人は、無理に人と付き合おうとしなくていいと思う。
むしろ、自分の好きな事見つけて没頭すると幸せになれるんじゃないかな(・ω・)?


ちなみに、その当時、既に強迫的に人目を気にするようになっていた私の場合、
好きな事を見つけることすらできなくなっていました。
なので、そうなる前に手を打てるに越したことはありません。

それが出来ないと、かつての私のように
精神病院と縁を持つことになるかもしれません(´・ω・`)

考え用によっては、それもまたチャンスですけどね。
否応なしに自分と向き合わざるを得ませんから。

猫様と暮らしている方は、きっとその猫様を通じて、
大事なことを思い出して自分を取り戻せるんじゃないかと思います。

これも重要です(=^・・^=)b

学校は本当に狭いコミュニティなので、
その後の人生であなたと価値観や考え方が合う人に出会える可能性は十分にあります。

だから、どうせ自分と合う人なんていないよ…なんて諦めず、
ネットなりリアルなりでそういう価値観・考え方を発信し続け、
しかるべき行動をし続けてさえいれば、
同じような価値観や考え方を持つ人と出会う可能性が高くなってきます。


例えばこんな感じ(手前味噌)にね。

最後に、私もあなたも、その辺(どこだよ?)のおっさんやおばはんも、
付き合う人を選ぶ自由を持っています。
何も嫌な人と無理に付き合わんでも良いですよね

そういう人に考えを巡らせてのた打ち回るくらいなら、
自分の好きな事に専念して、自身も他の人も喜ぶようなことをしたほうが生産的です。

嫌いな人・嫌ってる人に思いを寄せるなんて、どんだけドMなんだよ((((;´・ω・`))))

もちろん、敢えて嫌な人と付き合う選択もありで、
それもまたやり方しだいでは大きな成果を得られるかもしれません。

特に、同じパターンで人間関係が破綻するケースでは効果大きいんじゃないかと思います。

要するに、自分の好きなようにやるのを徹底すればいいんじゃね?
…という結論に…。

猫っぽい人からの手紙・メールマガジンはこちらから登録にゃ
↑の猫ボタンクリックでメルマガ読者登録できるにゃん♪
ブログの続きだったり、深くつっこんだ内容だったり、限定の画像素材ついたり。
(=^・・^=).。oO(ランキングクリックして欲しいにゃぁ…)
↑(*’-‘).。oO(誰かモフってくれないかにゃー)