中古品の売買や何かをお願いするサービスで似顔絵受注始めました

先日書いたとおり、リアルでも動き始めましたが、
ある意味で得意…というかやりやすいネット上のサービスも利用しちゃおう(`・ω・´)
先日とある方に薦められたWishScopeというサービスを試してみました。

内容はこんな感じです。当然、↓経由の制作依頼大歓迎です(´∇`)
犬・猫の似顔絵描きます♪
依頼する気はないけど、応援くらいはしてやんよ!
…ももちろん大歓迎です(*´ω`)

応援ボタンとコメント欄
応援は↑の画像のようなピンク色に黄色い☆マークと応援と書かれているボタンをぽちっと押せばOKです。

応援の数が増えるほど、私の依頼が目立って表示されるようになる…
というメリットがあるのです(‘∇’)

なお、ここをご覧になっている方なら、
以前のエントリに書かれた方法で依頼されても問題はありません。

エントリをずーーーっと下にスクロールしたら、
チャッピー様押しなさいよアピールしているボタンがありますので、
そこをぽちっとクリックしてメールフォームに飛んで「うちの子描きなさいよ」
と言っていただいてもOKです。


さて、ネット上での仕事依頼って、頼む方も頼まれる方も不安が多くなります
まあ、リアルでも十分不安ですけどね(´・ω・`)

私自身も、仕事請け負ってきちんと仕事をこなしたのに報酬を払ってもらえなかったり、
当初言われていた依頼内容よりはるかに作業工程数多いのに、
やたらと安い報酬しか払ってもらえなかったり、
報酬の払込が遅れたり…なんてことがありました。

(´・_・`).。oO(こういう時だけは会社員・派遣社員・アルバイト・パートタイマーが羨ましく…)

あと、メールだけのやりとりだと、相手の依頼の意図が読めなくなることもありますね。
OKの基準が曖昧な依頼…なんてものもあるのでorz

信頼関係がきちんと出来ていて、なおかつ双方がその信頼に応える行動をして、
根気強くコミュニケーションしていれば、ほとんど回避できる問題ではありますが


今回紹介した「WishScope」は
実名登録必須のFacebook登録が利用の必須条件としていることから
必要最小限と思われる「身元の明確さに基づく信頼があること」はクリアしています。

例えば、pixivで問題となってる、身元がよく分からん奴からのイラスト制作依頼
…のようなトラブルならば概ね回避できそうです。

…とはいえ、Facebookでも「こりゃねーよ!」レベルの
へんてこで怪しい業者が存在しますけどorz

ダイレクトメッセージがサービス内で利用できること
信頼の数値化があること(つまり一目見て大体こいつは信頼できそうという目安がある)
双方が必要以上の個人情報を晒す必要はない

…という点がいい感じですね。

ただし、代金支払いの仲介はないので、
お互いに話し合った上で支払い方法を決める必要があります。
ネット上の取引だから、銀行振込か代引、Paypalがいいんじゃないですかねぇ…?

物品の売買は割と盛んに行われているようです。
私が今回行っているような、個人事業主・法人による仕事の発注/受注もあります。
技術や語学などを教えてとか、アルバイトなどの求人募集も出来たりします。
ちょっと変わってるかなと思ったのが、モーニングコールの提供/依頼

一般的ではない起床時間(例えば深夜)に起きる必要があるけど、
元から寝起きが悪くて、しかし、誰にもモーニングコールを頼めそうにない…
なんてケースで役に立ちそうです。

猫っぽい人からの手紙・メールマガジンはこちらから登録にゃ
↑の猫ボタンクリックでメルマガ読者登録できるにゃん♪
ブログの続きだったり、深くつっこんだ内容だったり、限定の画像素材ついたり。
(=^・・^=).。oO(ランキングクリックして欲しいにゃぁ…)
↑(*’-‘).。oO(誰かモフってくれないかにゃー)