colors! 3dで3DSらしい遊び方をしてみた

DS Lite時代、現在では違法扱いのマジコンを買ってまで導入した
DS用のフリー絵描きソフト「colors!」が
3DSでも使えると知り、先日入手しました。

以前のcolorsで描いたのはだいたいこんな感じ。

昔のcolors!で描いた絵

DS Liteの時と違い、3DS本体からNintendo eShopを立ち上げて
700円で購入してダウンロードで入手します。

そこらのコンビニでeShop専用のプリペイドカードが売られていますが、
別にクレジットカードでチャージしてもOKです。
…というかそうしないとピッタリの金額だけ払って買うことができない…。

なお、名前が微妙に変わってて「colors! 3d」となってます。

以前と違って有料(まあ…大半のソフトよりは安いんですけど)にはなりましたが、
3DSだけあって、うごメモのように立体的な画像を描くことも出来ます

例えばこんな感じです(`・ω・´)b

color! 3d立体画像の一例:デフォルメ気味のPSO2コ・レラちゃん

〔どうだ〕〔可愛いだろう?〕

最初からレイヤーが5枚使えて、描くレイヤーの場所を調整することで立体画像表示になります。
↑の画像は、3DSに入れているSDカードに収められていたMPO形式のファイルを
StereoPhoto MakerでPCなどでも立体視出来るように
JPEG形式で保存したものです。

SDカードに保存する際、
本体の3D表示調整つまみを動かして立体度を調整できるのですが、
ちょっと立体度弱かったか(゜-゜)

先ほどの画像を裸眼立体視(交差法・平行法)
あるいは立体視専用の装置で見ると
3DSの3D表示とだいたい同等の状態になります。

装置って書いたけど、安いのは紙製だったり…。

裸眼の場合、私は交差法しか出来ないのでそれしか確認できないけど、
交差法で問題なく立体表示になりました。

【参考】裸眼立体視の詳しいやり方はこちら
http://www.stereoeye.jp/howto/index.html

ちなみに、市販の立体視専用装置は平行法のようです。

あと、3DSに最初からついているタッチペンでは小さすぎて描きにくいです。
DS Lite付属のより伸びるだけマシかねぇ…?

ゲームを扱ってる店、家電量販店、Amazonなどで
使いやすいサイズ・形状のタッチペンを購入して使うのがオススメです。

私は近くのヨドバシカメラで
3DSLL&スマホ用 2WAYスリムタッチペン ホワイトを買って使用中です。

ペン先と同じ形状のDS向け「感圧式」部分はかなり使い勝手がいいです。
しかし、後ろ側の「静電容量方式用」部分が柔らかすぎて
見事なまで実用に耐えられないのが残念ですorz

これでまた
出先でカラーのスケッチが出来るようにヽ(´ー`)ノ

今日も近場とはいえ出かける予定だし、時間があったらなにか描いてみたいです。

猫っぽい人からの手紙・メールマガジンはこちらから登録にゃ
↑の猫ボタンクリックでメルマガ読者登録できるにゃん♪
ブログの続きだったり、深くつっこんだ内容だったり、限定の画像素材ついたり。
(=^・・^=).。oO(ランキングクリックして欲しいにゃぁ…)
↑(*’-‘).。oO(誰かモフってくれないかにゃー)